見直して考える
0

    今月の園だよりにも書きましたが、今年度は教育活動や行事など

    見直して再構築していくことが、その都度起こっています。

    「前はよかった」「前はこう出来た」という方も多くいらっしゃいますが、

    それは以前の成功体験に基づいた記憶があるから、発出する言葉ですね。

    子ども達は、まだ柔軟に考えられるので、以前の記憶に頼らなくても

    今の環境や自分たちの出来ることに照らし合わせて行動することが

    出来る子ども達です。そうです!産まれてから、まだ2〜6年なので、

    その記憶は、まだまだ上書き可能なのです。

    「前は・・・・」「どうして今までのことが出来ないんだ」などと

    おっしゃる方も多くいます。その気持ちも十分にわかりますが、

    子ども達の成長を促していくには、前を向いて自分たちの出来ることに

    積極的に取り組んでいかなければ!と思い、「どうやったら出来るか」

    「子ども達が喜ぶか」「子ども達が取り組むにはどんな方法が良いか」

    と考えて取り組みを進めています。

     

    そうして、子ども達は確実に成長しています。嬉しいことでした。

     

    心配だったのは、ほぼ2ヵ月の休園、前年度の休園もあったので、

    子ども達の体の使い方が、ぎこちなかったりしたことです。

    怪我につながることが心配でしたが、意欲をもって取り組んで

    いると、どんどん伸びていきます。

    年長中さんは、お休み中に縄跳びを頑張って取り組んでいたお子さんに

    結果が出ています。

     

    これからも考えてから行動に移し、子ども達の成長を促していくことを

    第一に考えて、子ども達の健康を守っていかなければ、と

    強く思います。

    | - | 00:03 | comments(0) | - |
    「年長遊んじゃえ!!」
    0

      7月31日に1学期が終わり、8月18日から2学期が始まりました。

      短い、と皆さんがおっしゃいますが、2週間以上もありました。

      十分だと思いました。というのも、夏休み中の預かり保育のお子さんが

      年々増えて来ていて、里塚幼稚園は60名を超えていました。

      学年ごとに分けて、1クラスずつ出来た感じでした。先生たちにも出勤

      してもらって職員を増やして対処しました。

       

      元気に夏休みを終えて、8月21日は里塚幼稚園、28日は篠路光真幼稚園の

      「年長遊んじゃえ!!」でした!

      当園は、一昨年の胆振東部地震の後、「お泊り会」を行わないことにしました。

      子ども達を一晩預かるには、備蓄しなければならないものが多くあり、

      今までの「お泊まり会」も見直して、「遊んじゃえ!!」と一日遊びまくる!

      という日にしました。内容は泊まらないことと、翌日の朝食を食べることが

      無くなったくらいですが、泊まらないことがわかっていて遊ぶのと

      幼稚園に泊まることになっていて=家に帰れない、ということがわかって

      遊ぶのでは、子ども達の楽しみ方が全く違っていました。

      で、今年も遊ぶぞ〜!と思っていましたが、縮小して考えなければなりませんでした。

      それで、2園ともに、「円山動物園」に長時間行ってきました。

      例年なら、ちょっと急ぎ足で見てくるのですが、ゆっくり動物たちを見て

      くることが出来ました。しかし!昨日は暑かった!

      円山動物園も館内見学ができるところが増えたので、そういうところを

      よーく見て、休み休み行ってきました。

      動物センター、動物科学館は涼しかったです。他の見学の方もそんなに多くなく

      ゆったり見てきました。年長さんは、今日も元気にしていたかな?と心配していますが、

      大丈夫だったかな?月曜日に元気な顔を見られるのが楽しみです!

      | - | 23:46 | comments(0) | - |
      あと1週間で1学期が終わります。
      0

        今月は、なんといっても、運動会!!!

        学年別で4日間に分けて、光真幼稚園も里塚幼稚園も

        行うことが出来ました!

        例年より、練習期間が短かったですが、子どもたちの頑張りは

        凝縮されていて、「短い練習期間」などというものを感じさせませんでした。

         

        「例年と違う」という言葉は、いろいろなところで使われています。

        うちの幼稚園でも使っていますし、実際に変わったところもたくさんあります。

        それは、時代に応じて変わっていくことで、良い結果を生んでいることも

        たくさんあります。

         

        例えば、運動会。

        1.学年ごと開催!

         お子様を間近すぎるくらい近くで見られる!子どもたちも、それがとても嬉しそうでした。

         時間も短くて、暑くても、やや大丈夫。

         雨天変更が取りやすい。(保護者の方は、大変だったかもしれません)

        2.駐車場!

         例年、道路にあふれ、警察が来ることもあり、里塚幼稚園は近隣の会社の駐車場を

         お借りしたりしました。(今年度から借りられなくなりました・・・)

         それが、学年ごとだと園の駐車場などに収まる!助かりました!

        3.泣く子が少ない!

         通常保育の時間帯で行うので、バスで登園は子どもたちには当たり前のこと。

         なので、泣く子が少なかったのでした。

        4.終わった後の子どもたちの満足感・達成感が大きい!

         保育中の時間帯で、終わった後に友達や先生と、すぐに振り返りが出来るので

         満足感や達成感が大きく味わえる!

         これは、次の行動や活動に、すぐにつながっていました!

         

         などなど、いろいろな場面で感じることや、子どもたちにはっきりわかることが

        ありました。

         「今までのように」とか「例年なら」ということも聞かれましたが、この世の中が

        今までとは変わったんだな、と日々実感する中で、子どもたちの毎日が、より良いものに

        なるように考えて環境設定や、教育活動を行なっていかなければなりません。

         大人が柔軟に考え行動することが、未来を生きる子どもたちの幼児の時期を

        充実したものにしていかないといけないと強く感じています。

         

         今週は、なんと!オンライン研修を受けることが決まっています。

         ドキドキの学びの時間が持てることに感謝して、頑張ります!

        | - | 10:02 | comments(0) | - |
        幼稚園再開から1か月が過ぎようとしています
        0

          6月になってから、分散登園・短縮保育があり、通常保育になり、

          子ども達が元気に一か月を過ごせそうで、ホッとしています。

          子ども達が元気に来れるのは、もちろん!ご家庭の皆様の多大なる

          ご協力のおかげです。ありがとうございます!

          そして、先生方も、健康に留意して過ごしてくれるので、6月の

          終わりが迎えられそうです。

           

          6月の初めは、昼食頃に「ママに会いたい」と泣く小さい子たちがいました。

          うんうん、そうだよね。今まで、ママとずっと一緒だったんだよね。

          と、先生たちが受け止めていました。

          しかし、活動が続いてくると、泣く間もないのかもしれません。

          「おなかすいたー」という言葉に代わっていったり、「次何するの?」

          という言葉に代わっていきました。

          運動会の練習や、今まで出来なかった活動をこなしていくことが

          楽しそうになっています。

          きっと、おうちですぐに寝ているのかも・・・という思いも

          ありますが、元気に登園してくれると、ご家庭でいろいろと

          受け止めて頂いているのだと、感じています。

          ありがとうございます。

          7月は、分散しての運動会です!例年とは違いますが、子ども達の

          頑張りには変わりはありません!どうぞ、お楽しみに!!

          | - | 17:40 | comments(0) | - |
          6月を待つ
          0

            こんなに休園が長くなるとは・・・・

            私たちの仕事は、子ども達と一緒にいて、たくさんの経験をして

            子ども達を育てていくこと。

            意欲を持たせ、自分の力で、いろいろなことをやり遂げて

            満足感や達成感を持たせること。

            しかし!子ども達がいない・・・

            寂しいな。だんだんつらくなってくる。

            でも、子ども達も幼稚園に来たいだろうな、自分たちに

            何が出来るのか!と考えて、子ども達が来られないなら

            私たちが幼稚園バスで行こう!と思って連休明けから週に一度、

            伺うようにしました。

            5月になってから週に一度、行くようになりました。

            先生たちも、子ども達に会って帰ってくると、顔つきが

            違っています。

            そして、私がとても感心をして感謝しているのは、

            先生たちが子ども達に渡すプリントを作ってくれること。

            こんなのがいいかな?と私が言わなくても、

            「家でしてくれるかな?」「これなら出来るかな?」

            「喜んでくれるかな?」「どうやってやってくるかな?」などなど

            試行錯誤を繰り返し、作っています。本当に、自主的に子ども達のために、

            と考えてくれる先生たちに感謝をしています。ありがとう♥

             

            そして、皆さん、見ましたか?インスタグラム!!

            先生たちが、子ども達が見てくれるのを楽しみに撮影を続けています。

            笑っちゃうこともあって、撮り直しも多い時もありますが

            頑張ってますよ!子ども達が一緒に歌ったり、踊ったりしてくれたら、と

            思っています。ぜひ、ご覧下さい!

            | - | 22:57 | comments(0) | - |
            | 1/18PAGES | >>