PR
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
里塚幼稚園の発表会が終わりました。
0

    11月3.4日が里塚幼稚園の発表会でした。

    写真は、先生たちが「キラキラさとづかキッズ」にアップして

    くれています。ぜひ、ご覧下さい。

     

    1学期には運動会、2学期は発表会、3学期はキラキラ☆フェスティバルと

    必ず発表ができる場を設けています。

    毎日の活動の中に、それぞれの発表を目指して頑張って取り組んでいます。

    その過程では、少しずつ自分の身に付けていくことが多くあります。

    そして、一人ではできないこともたくさんあります。

    クラスの友達のしていることを認め、受け入れて力を合わせていくことが

    必要になります。

    その経験を積んでいくことが大切になります。

    今回の発表会は、今、自分が出来ること、あるいはそれ以上の力を

    出して見せてくれました。

    この発表は、やはり、その時だけのもの。積み重ねたものを「見て欲しい」

    「感じて欲しい」という気持ちが強く出ると、それだけより良いものが出来てきます。

     

    とてもいい時間、至福の時間を子どもたちに与えてもらいました。

    ありがとう!みんな!先生は、幸せです!

    | - | 22:57 | comments(0) | - |
    かねあいよよかバースディワンマンライブを見ました!
    0

      一週間前ですが、篠路光真幼稚園の卒園児のお姉ちゃんと、

      在園児の弟ちゃんの家族バンド「かねあいよよか」の

      バースディワンマンライブを見てきました。

      よよかちゃんのドラムの才能は素晴らしく、you tubeとか

      テレビとかで見られることも多くなり、嬉しく思っていました。

      弟ちゃんもステージで、カホーンという打楽器やギターを

      弾いていました!

      いつも幼稚園で話したり、笑ったりする子がステージに!

      感動でした!

      発表曲も、ご家族が創っていらっしゃって、とても素晴らしかったです。

      どこが?と言われると、その言葉の感性と想像力を誘い出す音の構成かな?とも

      感じました。(もっと深いところで感じるものですが)

      ご家族の子どもたちを思う気持ちも伝わり、終わった後には

      改めて聞きたくてCD購入。車で聞いています。

      お母さまの声にも感動でした。

      見に行く機会を頂き、ありがとうございました!

      | - | 23:02 | comments(0) | - |
      地震が続いています。
      0

        余震が終息するには、まだまだ日がかかるのでしょうか。

        金曜日に地震がありましたね。朝の自由遊びの時間帯でした。

        子どもたちにグラウンドへ避難を促し、園内の子どもたちは

        机の下に隠れたり、先生と一緒に動きを止めて、小さくなって頭を守ったりしていました。

        エリアメールが大きく鳴ったので、本当に驚きました。

        バスの中もエリアメールが鳴ったので、停車したら揺れを

        感じたそうです。

        小さな子どもたちは「地震です、地震です。」という

        エリアメールのまねっこをしたりしていました。

         

        子どもたちの、先生たちの命を守る、ということが

        ずっと頭から離れません。

        避難計画も作成しましたが、絶対に大丈夫!ということが

        ありませんので、先生たちと見直して参ります。

         

        もうすぐ、新しい連絡方法もお渡しできそうです。

        もう少しお待ちください。

        | - | 23:12 | comments(0) | - |
        幼稚園にかかるお金の話で恐縮です。
        0

          小耳にした話です。

          当園は私学助成園です。なので、認定子ども園でもなく

          新制度の幼稚園でもなく、純粋に「幼稚園」です。

          保護者の皆様には、園に納入して頂いた金額を、

          それぞれのご家庭の収入に応じた税金の納付額で

          就園奨励費が市から渡されます第2子、第3子などで

          金額も変わって来ています。

          札幌市も北広島市も、就園奨励費は年々微増しています。

          石狩市は、市内の幼稚園が全て新制度になったので市外の

          私学助成園には就園奨励費を出さないことになりました。

          市によって違いがあることは、あまり公にはなっていません。

           

          新制度や認定こども園は、月ごとの保育料が

          保護者の皆さんの収入に応じて違った額が市から提示されて

          納入なさっていることと存じます。

           

          私学助成の幼稚園は、毎月同じ保育料で高い、のではなく

          就園奨励費で戻ってきているのです。

          月々が大変なのかもしれませんが、高収入世帯(対象外)

          でなければ、金額は違っても戻っています。

          入園料も含めて、戻っています。

           

          こういうところの認識が違っているのかもしれませんし

          誤解なのかもしれません。

          というような話も聞いて頂けたら、と思って書いて

          しまいました。

          | - | 17:30 | comments(0) | - |
          10月になっちゃって。
          0

            9月中に書こうと思っていたのに・・・・

            10月になっちゃって、あ〜という感じです。

             

            園の子ども達は元気です!先生たちも元気です!

            ということは、私は幸せ!です!

            元気すぎるお子さんもいるのですが、子どもらしくていいですよね。

            私は幼稚園教諭を30年以上しています。

            その間に見て来た、育ててきた子ども達は、とても多くいます。

            長年、同じ仕事をしていると、子ども達や親御さんや

            子ども達を取り巻く世界が変わってきているのがわかります。

            「個々の子ども達」という言葉は常にありますが、

            現代の社会では、「個々」が重視されて「個性」を重視しているように

            感じます。昔からそうなのかもしれませんが・・・・

            しかし、幼稚園という社会の中では、「個を認め合う」ということが

            大事になります。

            「認め合った個」が集合体になり「集団形成」をします。

            「認め合い」がないと、集団になれないこともあります。

            これは、大人も子どもも同じことです。

            認め合う感覚は、小さなことから出来ることです。

            そして、小さいうちからそういう感覚を身に付けていくことが

            大事になっていくと思っています。

            だから、うちの子ども達には、たくさんの経験を

            みんなでしていくことで、「自分と違う個」を見て感じて

            認めていくことが繰り返されていると思います。

             

            ちょっと抽象的でわかりづらい話ですが、読んで頂き

            ありがとうございました!

            | - | 17:14 | comments(0) | - |
            | 1/14PAGES | >>