6月を待つ
0

    こんなに休園が長くなるとは・・・・

    私たちの仕事は、子ども達と一緒にいて、たくさんの経験をして

    子ども達を育てていくこと。

    意欲を持たせ、自分の力で、いろいろなことをやり遂げて

    満足感や達成感を持たせること。

    しかし!子ども達がいない・・・

    寂しいな。だんだんつらくなってくる。

    でも、子ども達も幼稚園に来たいだろうな、自分たちに

    何が出来るのか!と考えて、子ども達が来られないなら

    私たちが幼稚園バスで行こう!と思って連休明けから週に一度、

    伺うようにしました。

    5月になってから週に一度、行くようになりました。

    先生たちも、子ども達に会って帰ってくると、顔つきが

    違っています。

    そして、私がとても感心をして感謝しているのは、

    先生たちが子ども達に渡すプリントを作ってくれること。

    こんなのがいいかな?と私が言わなくても、

    「家でしてくれるかな?」「これなら出来るかな?」

    「喜んでくれるかな?」「どうやってやってくるかな?」などなど

    試行錯誤を繰り返し、作っています。本当に、自主的に子ども達のために、

    と考えてくれる先生たちに感謝をしています。ありがとう♥

     

    そして、皆さん、見ましたか?インスタグラム!!

    先生たちが、子ども達が見てくれるのを楽しみに撮影を続けています。

    笑っちゃうこともあって、撮り直しも多い時もありますが

    頑張ってますよ!子ども達が一緒に歌ったり、踊ったりしてくれたら、と

    思っています。ぜひ、ご覧下さい!

    | - | 22:57 | comments(0) | - |
    休園延長です
    0

      子ども達もご家族の皆様も、お元気でお過ごしですか?

      休園も2週間が過ぎ、5月7日に会えるのか?と疑心暗鬼で

      いました。しかし、札幌市の感染者数が増えてきて・・・

      やはり延長となりました。

      北海道や札幌市の教育委員会から、7,8日の休校要請です。

      しかも、11日以降は、また連絡します。と・・・

      もちろん、北海道や札幌市の状況が改善される兆しが見えると

      変わっていくのかもしれませんが、今はわからないですよね。

      分散登園の準備もしましたので、少しでも出来たらいいなあと

      思っています。

       

      私も不安で、なかなかいろいろなことを考えて行動に

      移すことが出来ませんでしたが、休園が明ける予定が

      見えないのなら、もっと私たちが出来ることを考えて

      取り組もうと思っています。

      なので、先生たちにも、お休み中の宿題を出しました。

       

      この連休中に、さくら連絡網でお知らせしていきます。

       

      子ども達の顔が見たい!先生たちの顔を見て欲しい!

      そう願っています。

      「せんせ〜!」と呼んでくれていた声が懐かしく

      涙ぐんでしまいます。

      当たり前の毎日が突然変わってしまう経験もしていたけど、

      やはり辛いです。

      社会が落ち着いて、みんなに会えますように💛

       

      | - | 22:25 | comments(0) | - |
      2020.4.1.
      0

        今日から新年度・2020年度の始まりです。

        朝のバスの時間帯で、園バスの試走をしました。

        そして、辞令交付です。午前中に篠路光真幼稚園、

        午後に里塚幼稚園で行いました。

        2年前までは、両園の職員全員が一堂に会して

        辞令交付・理事長のお話・園長の今年度の経営計画発表を

        行い、会食をして盛り上がりました。

        昨年は、理事長の選挙がありましたので出来ず、

        今年度は感染症予防防止のため出来ず。

         

        経営計画発表は、今年度の園の進むべき道を示すものです。

        力を入れて行ってきたものでしたが、今日は

        出来ませんでした。

        前年度が終わった感じがおぼろげで、今年度のスタートに

        関しても、意気込みを示せませんでした。

        昨年度のものを踏襲して、1,2か月後に園長として

        職員に話すことにしました。

         

        何かしらの不安。

        そんな気持ちの新学期です。

        子ども達を守ること。

        先生たちを守っていくこと。

        自分にできることは、私たち職員一同が子ども達を

        しっかり見つめて、一緒に過ごし、幼稚園に来てくれた時に

        楽しい思いを持たせること。

        子どもも先生も、意欲をもって、新しいことに取り組む気持ちを

        持たせること。

        笑顔でいること。

         

        日々の暮らしがかけがえのないものと感じ続ける毎日が

        愛おしいです。

         

        3日は入園式です!子ども達を迎えることが

        とても嬉しく準備をしています。

        マスクをしなくちゃいけない場面も多いですが

        子ども達の姿を見れることが嬉しいです。

        先生たちは、みんなのことを待っています!

        楽しみにしてきてね!!

         

        | - | 23:53 | comments(0) | - |
        一生に一度の幼稚園の卒園式
        0

          3月14日に里塚幼稚園、3月15日に篠路光真幼稚園の

          卒園式がありました。

          この社会情勢の中で、どうしたら卒園式が出来るのか、

          考えて先生たちと話し合って、自分たちが出来ることを

          保護者の皆様に伝え、全面的にご協力を頂き、

          行うことが出来ました。

          例年とは違った式、と思いましたが、

          いちばん大事なのは、今、卒園していく子ども達には

          一生で一度の自分の通った幼稚園の卒園式、ということ。

          そうならば、しっかりと子ども達の心に残る式に

          しなければ!と思いました。

          保護者の皆様には、当日に子ども達の体調を整えて

          頂き、参加をして頂きました。

          式の最中に子ども達を見ていると、この1か月の状態が

          申し訳なく、情けなく、悔しい気持ちが強かったけど

          この子たちと何年も一緒に過ごして、経験を積んだことを

          思うと、そのかけがえのない時間に勝るものはない!と

          思いました。

          そして、この幼稚園に来れなかった期間は、

          いつもより幼稚園のことや、友達や先生のことを

          思っていたであろうと感じ、この子たちは、今までに

          したことのない経験をして、より強くなったんだろうなあ、と

          思うことが出来ました。

          すべては、子ども達から感じ教えられました。

           

          私たち、先生たちの自慢の子ども達!

          どこに行っても、自分の持っている力を発揮できる人に

          なってくださいね💛

           

          保護者の皆様、多感な幼児期に、子ども達を当幼稚園に

          入園させて頂き、本当にありがとうございました!

           

          先生たち、一緒に考えて子ども達を送り出してくれて

          ありがとう!

          この卒園式は、忘れることはないでしょう。

          | - | 00:33 | comments(0) | - |
          休園だけど
          0

            2月27日から休園となっていますが、子ども達は元気か?と

            先生たちに各ご家庭に連絡をしてもらって、お母さま方と

            話をしてもらいました。声を聴くと、安心します。

            話している先生方の声が高めになり、笑顔が広がります。

            その様子から安堵感が職員室の中に派生します。

             

            でも子ども達が心配になったり、お母さま方が心配だったり

            しました。

            子ども達は、急に生活の変化があって、落ち着かないのでは?

            体動かしたいだろうなあ、安心できる人たちと関わることが

            必要なのでは?と様々に考え、今週からの動きになりました。

            お母さま方は、大変ではないかしら?いやいや、大変でしょう。

            怒らないでいいところで、怒ってしまったり、出口が見えない

            状態で困っているのでは?

             

            今回のことは、何が正解に近いのか、全くわかりません。

            でも、私たち教職員が今、出来ることは、子ども達の笑顔を

            増やすこと、安心感を与えること、ご家族にも少しでも

            安心していただけたら、と考えて行動しています。

             

            先生たちも、生活が変わって、子ども達に会いたい、

            一緒に〜したい、という思いが強くなっています。

            子ども達が来た時のために!と準備をしています。

             

            今は、社会全体が不安になって、大人も不安な気持ちに

            なります。子ども達は、敏感に感じ取ります。

            不安は連鎖して、行動に表れていきます。

            イライラや怒りっぽくなったり、感情表現が不器用に

            なったりします。

            明けない朝はないし、いつかは区切りがくるでしょう。

            今は、それがいつになるのかわかりませんが、

            子ども達、園に来ている子だけではなく、卒園した子も

            地域の子も、「子ども」を守れるのは「大人」です。

            不安な気持ちにを、少し横に置いておいて、

            子ども達とは向き合って安心感を分けてあげて下さい。

            大人は、誰が守ってくれるの?そこは、家族や友達や

            自分の信頼している人と支えあわないと・・・と

            感じています。

             

            長いお休みになって、何をしたらいいのか、と

            時間をたっぷり使える今だからこそ、出来ること。

             

            小学生の皆さんへ

            *本を読みましょう!

             いつもは読まないようなちょっと難しめのものが

             いいです。他には伝記、be日本の歴史、

             世界の歴史などが、お勧めです。

            *お家の中でも体操をしましょう!

             柔軟体操を続けるといい感じです。

             you tubeで、ラジオ体操を一緒にしてみる、など

            *家庭でのお手伝いを、進んでしましょう!

             お家の人から頼られるくらい、出来ることを

             増やしてください。

            *自分が家の手伝いで出来ることを増やしましょう!

             自分が出来ることが増えたら嬉しい!という

             気持ちを持てるように行動しましょう。

             

            先生たちへ

            本当にありがとう!あなたたちのおかげで

            今は園が踏ん張れています。

            また、一緒にがんばろうね!

             

            では、また!!

             

             

             

            | - | 00:09 | comments(0) | - |
            | 1/18PAGES | >>